有峰湖畔 ソロキャンプ
2020.06.07


自粛が長く続いたので気分転換でキャンプしました。
昨年もそうでしたが,夜は雲に覆われて,夜空が見えません。


早朝にイワナ釣りでしょうか。


日の出後に徐々に天候は回復しました。この撮影前にドローン撮影しました。



テントを片付けて,ザックにパッキングしたころに雲に隠れていた薬師岳がようやくその全容を現しました。PLフィルターで遊んでみました。
左のPLなしと右のPL使用

この場合は使用なしのほうがキラキラ感がいいアクセントになっています。
【評価】ザックの右側に湖を見ている人物を入れれば良い。ウレタンマットの銀色やオレンジ色が自然に馴染んでいない。違和感あり。主役と背景の重要度はフィフティフィフティ(50:50)
(今度は三脚で自撮りするか)


夕方にはテントの近くでイカルやキビタキのさえずりが聞こえ,早朝にはアカショウビンが近くの沢で鳴いていました。野鳥観察・撮影の準備はしてないので,鳴き声を楽しみました。
雲の無い夜空を見たいので,また行きたいと思っています。


【有峰の熊について自分勝手な思い】
今回は熊との遭遇はありませんでしたが,今までに有峰では熊に襲われた事故が無いと聞きます。
有峰の熊は小熊のときから近くに人がいる環境で育ってきており,親熊から人間との接し方を学んでいるのかと勝手に思っています。過信は禁物ですが。
ダム建設前は有峰集落があり人が暮らしていたので,その遺伝子が受け継がれているのかとも。
昨年に私が遭遇した熊たちも特に興奮した様子はなく,平然とその場から立ち去っていきました。こちらも鈴等で音を出しながら行動し,常に自分の存在を知らせて突然驚かせないことが大切です。
有峰の熊は自分のテリトリーでもあり,普段通りなのかとも思います。
一方,人里に降りてきた熊は今までの環境と一変しており,常に興奮状態で人を普段から見ていないので,恐怖のあまり襲い掛かってくるのだと思います。その違いはあるのかと。ただ,有峰湖付近の熊に限ってであり,普段人と接しないさらに奥の熊は違うのかと。以前,テレビで知床のヒグマを追い払う漁師を見ましたが,それも人を常に近くで見て共存しているからだと思います。ただ相手は獣なので入山時は鈴と撃退スプレーを持って,慎重な行動が必要です。
2020.06.07 17:00 | 固定リンク | 風景
ドローン HS720  (2019.11.28再掲)
2020.06.01
2019.11.28 「ドローン HS720を導入しました。
今後は空撮に挑戦したいと思っていますが,まずはこれで飛行訓練します。」

と言っていたのですが,半年経ちますがほとんど飛ばしていません。
ジンバル未搭載なのでブレが気になっています。とりあえず練習用としての位置づけでしょうか。

高ボッチや富士山等の絶景ポイントではドローン撮影を結構見かけるようになりました。少し本腰を入れて取り組みたいと思っています。この機体では動画よりも静止画中心になりそうです。

2020.06.01 20:00 | 固定リンク | ドローン
ワイヤレスコントローラー LC-5
2020.05.30
今はスマホ等からリモート撮影ができますが,当時(10年以上前)はワイヤレスコントローラーで行っていました。スマホやPCからの撮影は画像も確認できて便利なのですが,ソフト制御で通信はwi-fiやLANを使用しており不安定な面もあります。信頼度からだとこのLC-5のほうが上だと思います。
最大到達距離は100mで赤外パルス変調光(約800~1000nm)を使用しています。
しばらく使用しておらず防湿庫に眠っていました。最近使用してみてスマホよりレリーズタイムラグがほとんど感じなくて快適にサクサク撮影でき,ストレスを感じません。定点の野鳥撮影に出番が増えそうです。
キヤノンのホームページからはこのLC-5は消えており製造中止みたいです。



Canon ワイヤレスコントローラー LC-5
2020.05.30 23:00 | 固定リンク | 撮影機材

- CafeNote -