向野のエドヒガンと天の川
2020.04.04


向野のエドヒガンが満開とのことで昨年と同様に天の川と絡めて撮影しました。
1時に到着時はライトアップ中です。3時過ぎに一旦,ライトアップ終了しましたので,天の川撮影を開始し,4時過ぎに再びライトアップされて天の川撮影終了となりました。




35㎜



20㎜                            偶然流れ星が撮れました


4時過ぎのライトアップ再開直後 既に左側から明るくなってきました。


今日は月没 3:10と撮影チャンスが少ないながらも,なんとか天の川を捉えることが出来ました。
昨日の千石城山に続いて日中,仕事をしてからの深夜撮影ですが,我ながらよく体が持っているなと関心します。もう年なのであまり無理しないようにしないと・・・。カメラマンは昨年より大分少ない感じです。2~30人位でしょうか。撮影場所は新型コロナにはあまり関係ないと思いますが,一応マスクを付けて対策しました。

天の川は「Adobe Lightroom」で現像
2020.04.04 13:00 | 固定リンク | 夜景
剱岳と天の川(千石城山)
2020.04.03


千石城山 第3登山口駐車場から剱岳と天の川を撮ってきました。
1時30分に到着時は先客の車1台(県外ナンバー),その後車3台が来ました。駐車場は狭いので後からの人は林道に駐車です。月没前でもあり月明かりで山並みが綺麗に見えていました。
35㎜



月没後,天の川が見えてきました。撮って出しのノーレタッチです。後日lrで現像して色を出したいと思います。 3/4 topの画像をlr現像に張替え
20㎜



いつものようにグルグルも撮りました。1:43~2:26 計152枚


当初,頂上まで登って撮影する予定でしたが,駐車場から剱岳が綺麗に見えており,先客も駐車場から撮影してたこともあり,急遽撮影場所を第3登山口駐車場に変更しました。
本来,先週の新月の24日~25日に計画して休暇も取っていたのですが,GPVでは薄雲が張り出しており断念しました。そのリベンジとして,今回GPVでほぼ雲の無い事が確認できたので,翌日仕事にもかかわらず決行しました。
去年は2月,3月に来た時は積雪があり麓からの歩きでしたが,今回は4月で暖冬でもあり雪は全く無く頂上直下まで車で行けました。



2020/04/03
月齢 9.7
月出 11:26 (4/2)
月没  2:23
2020.04.03 07:00 | 固定リンク | 夜景
富士山と天の川
2020.02.23
35mm


富士山と天の川を撮ってきました。天の川は肉眼では薄っすら確認できる程度でした。
精進湖で撮りましたが,沢山のカメラマンで賑わっていました。
天の川はLightroomで現像

20mm                           フィッシュアイ(朝焼けが始まっています)


天の川と朝焼け(4時過ぎに昇ってくるので,朝焼けとのコラボが見られるのはこの時期限定)


前回(2020.01.19)よりリフレクションがはっきりしない感じです。  ・リンク




天の川が昇ってくるまで時間があったのでグルグル撮影 
20mm 01:09:30~02:38:00  296枚


35mm 02:46:14~03:21:44 123枚


フィッシュアイ 02:06:15~03:28:08 198枚


帰りに西湖近くの「いやしの里根場」へ立ち寄りました。
7時過ぎに到着しましたが9時から営業のようでゲートが閉まっていましたので,外側から見てました。




2020.02.23 18:00 | 固定リンク | 夜景
駅前イルミネーション
2020.01.08
この時期にしては珍しく暖かくて,朝から雨が降っていたので,帰宅時に駅前のイルミネーションを撮ってみました。広角を持ち合わせていなかったので,物足りない感じです。



2020.01.08 19:00 | 固定リンク | 夜景
高ボッチ高原 飽きもせず今季3回目
2019.12.14



飽きもせず高ボッチへ二泊三日で行ってきました。(正確には二日目の昼間のみ仮眠したので一泊三日です)

一晩目は駐車場到着時はマイナス7℃で,霧氷が出来ていましたが,前回ほどの大規模ではありません。
撮れた画は前回とほぼ同じです。前回は日の出時に霧に覆われて霧氷の表情を捉えることが出来ませんでしたが,今回は太陽光できらきら輝いてきれいでした。

二晩目は駐車場到着時は濃霧の中で,3時30分に頂上へ行きましたが,当然富士山も見えません。風が非常に強く吹いています。車の温度計はマイナス2℃でしたが,前日ほどの寒さです。諦めて仮眠して5時30分に頂上へ。風は幾分か弱まっています。富士山は見えていますが,諏訪湖上は濃い雲に覆われています。日の出が近くなると富士山の背景の雲が焼け始めました。しかし麓から諏訪湖上はさらに厚い雲に覆われており,動きが早いです。この雲が結構いい演出をしてくれました。

初日到着時は-7℃


代わり映えのない画となりました。しかしきれいなので何度見ても飽きません。


霧氷は前回より少ないのですが,太陽光が当たるとキラキラ輝いてきれいです。



二日目は到着時は霧氷が消えていました。日中の気温が高くまた,-2℃では無理なのかな。
林道走行時,濃霧で道路が見えずらい箇所がありました。
5時30分諏訪湖上に厚い雲海


諏訪湖上の雲が益々多くなって流れていく。大きな波がいくつも発生して大荒れの海のようだ。
「葛飾北斎の波間の富士~冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」を思い出す。


今回は背景にも雲があってきれいに焼けていました。この雲の動きと合わせて今回の目玉ですね。

日の出後に波は治まって静かになった。


お月様のお陰で富士山が綺麗に見えていました。 北アルプスも焼けて綺麗です。


今回,二日目の昼間に麓の施設で仮眠・入浴してゆったりとした工程でした。そろそろ林道も冬季閉鎖となり今回が今年の見納めとなりそうです。過去に他の方が撮られた写真を見て,ドラマチックかつダイナミックな富士山を見たいと思っていますが,その時の気象条件にはなかなか巡り合いません。でも,今回は雲が少し演出してくれました。また,月明りで富士山は奇麗に見えてました。その反面,ふたご座流星群が観測できるので,空を気にしていましたが一度だけ強い光の筋が見えただけでした。
次回はどんな富士山が見られるかな。

雲間の富士


私の写真はただ「綺麗だね」で終わっていく写真だと思っています。肉眼で見た綺麗な景色をそのまま写し撮ろうとしているので,どうしても広角系で撮ってしまいますが,本来は引き算しないと,ダイナミック(力強く)で,ドラマチック(感動的)な写真は撮れないと思っています。が いざその場ですばらしい景色を見るとつい忘れてしまいます。
2019.12.14 15:00 | 固定リンク | 夜景

- CafeNote -