有峰湖畔 ソロキャンプ
2020.06.07


自粛が長く続いたので気分転換でキャンプしました。
昨年もそうでしたが,夜は雲に覆われて,夜空が見えません。


早朝にイワナ釣りでしょうか。


日の出後に徐々に天候は回復しました。この撮影前にドローン撮影しました。



テントを片付けて,ザックにパッキングしたころに雲に隠れていた薬師岳がようやくその全容を現しました。PLフィルターで遊んでみました。
左のPLなしと右のPL使用

この場合は使用なしのほうがキラキラ感がいいアクセントになっています。
【評価】ザックの右側に湖を見ている人物を入れれば良い。ウレタンマットの銀色やオレンジ色が自然に馴染んでいない。違和感あり。主役と背景の重要度はフィフティフィフティ(50:50)
(今度は三脚で自撮りするか)


夕方にはテントの近くでイカルやキビタキのさえずりが聞こえ,早朝にはアカショウビンが近くの沢で鳴いていました。野鳥観察・撮影の準備はしてないので,鳴き声を楽しみました。
雲の無い夜空を見たいので,また行きたいと思っています。


【有峰の熊について自分勝手な思い】
今回は熊との遭遇はありませんでしたが,今までに有峰では熊に襲われた事故が無いと聞きます。
有峰の熊は小熊のときから近くに人がいる環境で育ってきており,親熊から人間との接し方を学んでいるのかと勝手に思っています。過信は禁物ですが。
ダム建設前は有峰集落があり人が暮らしていたので,その遺伝子が受け継がれているのかとも。
昨年に私が遭遇した熊たちも特に興奮した様子はなく,平然とその場から立ち去っていきました。こちらも鈴等で音を出しながら行動し,常に自分の存在を知らせて突然驚かせないことが大切です。
有峰の熊は自分のテリトリーでもあり,普段通りなのかとも思います。
一方,人里に降りてきた熊は今までの環境と一変しており,常に興奮状態で人を普段から見ていないので,恐怖のあまり襲い掛かってくるのだと思います。その違いはあるのかと。ただ,有峰湖付近の熊に限ってであり,普段人と接しないさらに奥の熊は違うのかと。以前,テレビで知床のヒグマを追い払う漁師を見ましたが,それも人を常に近くで見て共存しているからだと思います。ただ相手は獣なので入山時は鈴と撃退スプレーを持って,慎重な行動が必要です。
2020.06.07 17:00 | 固定リンク | 風景
立山連峰
2020.02.02
今日はこの時期にしては良く晴れていい天気です。
実家に行った帰りに環水公園と呉羽山に立ち寄り

環水公園・スタバと立山連邦


オオバン


毛勝三山                           薬師岳


良く見る構図です。                   左に数百羽の鳥が上下に広がって飛んでいます。


トリミングしてみましたが,種別まではわかりません。右から左方向へ飛んでいます。北へ向かっているようなので渡りでしょうか。渡りにしては群れの高低差が大きいですが,暖かいので渡りも早いのかな。

2020.02.02 15:00 | 固定リンク | 風景
三ツ峠雪景色と富士山
2020.01.19


週末に関東甲信で降雪予報が出ており,先週の三ツ峠の雪景色を見れなかったこともあり,このチャンスを逃すと次はいつになるか分からないので,家族に負い目を感じながら😃先週に引き続きで,行ってきました。
せっかくなので三ツ峠だけではもったいないので,朝霧高原でパール富士をと思ったのですが,到着時は雪がチラついていて,富士山は雲の中で当然月も見えません。場所を変えて田貫湖に向かいましたが,ここも何も見えず。結局,精進湖まで戻ってみました。ここも当然雲に覆われ富士山は見えません。しばらく仮眠して,3時頃にふと見たら雲が晴れかかってきて月も出ています。精進湖で少し昇ったパール富士を撮りました。精進湖で朝を迎えるのは初めてです。朝焼けは奇麗でした。日の出位置はかなり左側で,日の出を見てから三ツ峠に向かいました。
三つ峠の登山口で新雪は10㎝位でしょうか。木々にも積もっています。4回目にして新雪の登山道を登ります。太陽が昇って木々の雪が落ち始める前に急いで登りました。8時台だったのですが,登る途中にカメラや三脚を持った人と何人もすれ違いました。夜明け前に登っていたようです。

精進湖は氷結していません。-4℃でした。        飛び出たパール富士😃
月齢 23.9なので星も少し見えています。


精進湖の朝焼けは綺麗でした。


左側から日の出です。


三ツ峠
今の時期は木々に積雪があると雰囲気が出ます。白い花に見立てて前景に入れてみました。




三ツ峠山荘                          頂上方向


山小屋のジープ                       登山道


車で下山途中に河口湖と富士山のビューポイントがありました。


今回は二週連続で富士山撮影を強行しましたが,結果は期待通りでした。この週末の土日は仕事の予定だったのですが,土曜日に二日分の仕事を終えることが出来たのも良かったです。
三ツ峠は降雪があっても,木々に積もる雪は1日限りのことが多いようで,タイミングが良かったです。
2020.01.19 20:00 | 固定リンク | 風景
富士山
2020.01.13


0泊2日で富士山を撮ってきました。
精進湖,田貫湖,三ツ峠の3箇所を巡りました。贅沢な悩みですがあまりにも天気が良すぎで普通の富士山でした。

精進湖到着時は濃霧で何も見えない状態でしたが,30分程待機して,あきらめて田貫湖へ向かおうかと準備を始めたころに霧が晴れてきて,富士山の上部の積雪部が月の光で幻想的に暗闇の中に浮かび上がってきました。ちょっといつもと違う富士山が見られ得した気分になりました。満月の2日目で月齢17.9なので明るい月です。
その後,晴れてきたので前回と異なるカットを意識してボート等の前景を入れて撮ってみました。

肉眼では暗闇に富士山の雪だけが浮かんで見えました。
このカット1枚撮った後に月が雲に隠れて,富士山も雲の中・・



田貫湖は休日なのに人が少なく驚きました。到着時は誰も写真を撮っていません。以前来たときは深夜にもかかわらず,ヘッドライトやカメラのモニターの明かりから判断すると数名~十数名のカメラマンがいました。
日の出時に富士山頂上の雪煙が赤く染まっているのを見られました。





三ツ峠では前景が雪景色の富士山を撮れないかなと思っていたのですが,木の枝には雪は有りませんでした。
登山道には雪は残っていますが,雪というよりは氷です。カチンカチンになって滑ります。ここはアイゼンが必需品です。道には山小屋のジープのタイヤ跡が残っています。タイヤには四輪にチェーンが装着されてました。ジープは市販のものではなく軍の払い下げのようで,ナンバープレートは付いておらず,USAと表示されているものもあります。


斜面左側に雲が湧き上がっておりちょうど左サイド光により立体感も強調されました。
テラウチマサト氏の写真を意識しました。
(f/11,1/400秒,ISO-100,200㎜,ノートリ)




行き帰りの途中に20人近くの登山者とすれ違いました。富士山の眺めは最高ですから,人気のある場所なのですね。ここから見た富士山の裾野の広がり方が綺麗なのでお気に入りです。田貫湖から見た富士山もほぼ反対側なので良く似た綺麗な裾野の広がり方をしています。
すれ違った皆さんはほぼアイゼンを装着されていましたが,下りですれ違った方はアイゼンなしでツルツル滑りながら昇っておられました。滑る毎に「オット」と言っておられたので,上りは出来ても下りはかなり危険だと思います。大丈夫だったかな。
2020.01.13 20:00 | 固定リンク | 風景
見附島
2019.12.29
見附島へは何度も行っているのですが,撮影目的では初めてです。


11mmの超広角で撮ってみました。         25秒のスローシャッター






ダイヤモンド見附島を狙ったのですが,太陽は雲の中・・・


今の時期は海から昇る太陽を撮るには、ここまで行かないとだめですね。
ただ,日の出位置が見附島の真後ろ過ぎでした。
2019.12.29 13:30 | 固定リンク | 風景

- CafeNote -